本文へスキップ

JR・京王線橋本駅南口から徒歩5分!

電話でのお問い合わせは042-700-5088

〒252-0131 神奈川県相模原市緑区西橋本2-1-2
アクセス ジム隣接、無料駐車場12台分あり!

7月17日、後楽園ホールで行われたDANGAN134に中谷潤人が出場。この日までに1勝5敗3分けの小久保聡選手(三迫)とライトフライ級4回戦を行った。
 サウスポー対決ではあったがタイプはまるで別。荒々しく接近してくる小久保選手に対して中谷は長い距離を保ちつつストレート、フック、そして頭が低い相手に対してアッパーと次々とコンビネーションをヒットさせ、序盤のペースを掴んだ。しかし、戦績は芳しくないものの今までの負けはすべてスプリット判定によるもので昨年東日本新人王決勝に進出している小久保選手は2,3Rとプレッシャーを強めていき中谷がロープを背負う場面も幾度とあった。その中で相手の左のオーバーハンドを直撃され、徐々に試合は小久保選手の得意とする乱戦に持ち込まれていった。しかし迎えた最終4R、双方気力を振り絞った攻防の中で中谷の左ボディが直撃、小久保選手の腰が曲がり、防戦一方となったところでレフェリーが試合をストップ。タイムは1’06”。
 苦しい場面も経験したが、それでもペースを完全に渡さず技術と体力と精神力で見事難敵をKO。今までKO負けはもちろん、はっきりした判定で負けていない相手に明白に勝利した事は本人も「自信になった」と話している。これで2戦2勝2KO、ますますこれからが楽しみである。
 そして「潤人のブログ」好評執筆中ですので、皆様ご愛読お願い致します。