本文へスキップ

相模原でボクシングするならM.Tジムへ!健康目的・選手志望・減量志望・初心者大歓迎!

電話でのお問い合わせは042-700-5088

メールでのお問い合わせはこちら

最新のニュースNEWS

★中谷潤人V2戦、ビッグイベントに参戦決定!
 日本ボクシング史上最大級のイベントに中谷潤人の参戦が決定致しました!12月29日(水)埼玉スーパーアリーナにて開催される「WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦」村田諒太選手(帝拳)vsゲンナディ・ゴロフキン選手(カザフスタン)のサポーティングカードとして出場致します。対戦相手はWBO9位、メキシコのクリスチャン・ゴンサレス選手(15戦14勝1敗)です。22歳のゴンサレス選手は長身のオーソドックススタイルで、中谷が過去に対戦してきた相手にはいないタイプの選手です。今までとは違う試合展開も予想されますので、まだお見せしていない中谷のボクシングを披露出来る好機だと思っております。このイベントに出場させて頂く事を「このような歴史的イベントで防衛戦をさせて頂き光栄です。ベストパフォーマンスをお見せします!」と意気込んだ中谷でした。放送は村田選手と同じくアマゾンプライムにてライブ配信予定です。どうぞご観戦お願い致します。

 なお、放送予定詳細、チケット情報等は追ってご報告させて頂きますので当ジムへのお問い合わせはご遠慮ください。


 アマゾンプライム



記者会見場にて、両隣は同日に出場の吉野選手(左)と伊藤選手(右)

写真提供 福田直樹様


★石澤開、1月11日、日本王座決定戦!
 10月8日に日本王座挑戦者決定戦に勝利して、日本王座挑戦が確定となっていた石澤開の試合が決定致しました。本来挑戦者として挑む予定だった谷口選手(ワタナベ)が世界挑戦の為、王座を返上。従って空位の日本王座を日本ランキング上位者で争う事となりました。対戦相手は現日本3位で2019年の全日本新人王、9戦9勝(2KO)無敗の21歳、森且貴選手(大橋)です。
 新年早々の1月11日(火)後楽園ホールで行われる「フェニックスバトル83」のメインイベントとして開催されます。アグレッシブな戦法を得意とする二匹の虎が日本王座を懸けて雌雄を決します。虎年の幕開けに相応しい激しい打撃戦間違いなしの好カード!どうぞ新年を楽しみにお待ちください。応援宜しくお願い致します。

2022年1月11日(火)
フェニックスバトル83
メインイベント 日本ミニマム級王座決定10回戦
日本1位 石澤開(M.T) x 日本3位 森且貴(大橋)
セミファイナル 69kg契約8回戦 安達陸虎(大橋) x 加藤寿(熊谷コサカ)
第4試合 Sバンタム級 木村天汰朗(駿河男児) x 竹嶋海刀(勝輝)
第3試合 66.9kg契約8回戦 川崎真琴 x 木村文祐(JM加古川)
第2試合 ライト級8回戦 湯川成美(駿河男児) x 福井寛太(寝屋川石田)
第1試合 58kg契約4回戦 新屋叶多(全日本パブリック) x 五十嵐友弘(ワールドスポーツ)
 
★清水引き分けるも、敗者扱いにより決勝進出を逃す
 11月3日に行われた東日本新人王予選準決勝に清水直樹が出場しました。試合は八王子中屋ジムの池上いつ己選手とライト級4回戦で行われ、判定0-0(38-38x3)で引き分けとなりました。そして、新人王特別ルールとして公式記録はあくまで引き分けですが、終盤攻勢をかけられていた清水がトーナメント上の敗者扱いとなり決勝進出を逃しました。1,2ラウンドは清水のラウンド、3,4ラウンドは池上選手のラウンドとはっきりと分かれたこの試合、自分に足りない部分も良く理解出来る結果ではないかと思います。今年の1月にデビューして、判定負け・KO勝利・判定勝利・引き分けと4戦それぞれ違う結果を出した清水が今年の経験を糧に来年は逞しい姿を披露してくれる事にご期待ください。応援有難うございました。

★M.T戦士試合情報(11/3・清水、12/3・森田)
 
11月3日(水)に後楽園ホールで行われる東日本新人王準決勝に清水直樹が出場、その翌月の12月3日(金)には森田陽が同じく後楽園ホールにて行われる「ザ・グレイテストボクシング.39」に出場致します。

 清水は今年1月にプロデビュー、これが今年4戦目となります。対戦相手の池上いつ己選手(八王子中屋)も同じく今年デビューしており1戦1勝であります。黒星スタートとなった清水ですが1戦1戦良く学び、成長しております。この試合に勝利してまずは東日本新人王決勝の舞台に進んでくれるでしょう。

 森田はこれが2019年7月9日以来の試合となります。コロナ禍の影響もあり2年以上のブランクとなりましたが、溜め備えてきた力を満を持して発揮する日がきたようです。今回こそは自身のポテンシャルを解き放つ事が出来るか、15戦7勝8敗、もう崖っぷちのはずです。対戦相手の赤岩俊選手(マナベ)も9戦5勝3敗1分と同じく「負けられない」気持ちでリングに上がってくる事でしょう。互いの気持ちのぶつかり合う好ファイトにご期待ください。

★10/8、試合結果
M.T勢は2勝1敗1分、石澤は日本王座挑戦権獲得!
 
10月8日に後楽園ホールで行われたパイオニア・オブ・ファイトVOL.5の試合結果を報告させて頂きます。
パイオニア・オブ・ファイトvol.5 10月8日(金)
会場・後楽園ホール 開始時間・18:00 開場・17:00
チケット・¥20,000/¥10,000//¥8,000/¥6,000
 試合結果
メインイベント 日本ミニマム級挑戦者決定8回戦
日本1位 石澤開(M.T) vs 春口直也(橋口)
 4R1'21"TKO勝利
日本王座挑戦権獲得
 56.6kg契約8回戦 神足茂利(M.T)vs 池側純(角海老宝石)  6R0'03負傷判定引き分け
(57-57,56-58x2)
 51.8kg契約4回戦 齋藤哲平(M.T) vs 横手太嵐(石川)   0-2判定負け
(38-38,37-39x2)
 バンタム級4回戦 熊谷祐哉(M.T) vs 谷憲明(リングサイド)    3-0判定勝利
(40-36x2,39-37)
 56s契約4回戦 佐藤輝斗(M.T) vs 松本和樹(新日本木村)  松本棄権の為、試合中止
以上、全4試合が行われ当ジム所属の選手は2勝1敗1分という結果を残せました。メインの石澤はこれで日本王座挑戦権を獲得致しました。これで石澤は戦績を10戦9勝8KO1敗としました。初判定勝利となった前回の反省を踏まえてのKO勝利、王座奪取に向けて期待が持てるパフォーマンスを披露出来たのではないでしょうか。今後もミニマム級らしからぬダイナミックなボクシングを披露してくれるでしょう。今後ともM.T戦士の応援宜しくお願い致します。
   
写真提供 山口裕朗様

★10/8中谷潤人・後楽園ホール凱旋
(世界初防衛記念プレゼント企画あり)
 10月8日(金)に後楽園ホールで行われる「パイオニア・オブ・ファイトvol.5」にWBO世界フライ級王者の中谷潤人が特別に登場する事が決定致しました!アメリカでの世界王座初防衛を経て、後楽園ホールのリングに凱旋致します!当日は世界戦の報告及び、「世界初防衛記念・中谷潤人サイン入りグローブ」のプレゼント企画を実施致します!中谷潤人の直筆サイン入りグローブを来場者限定2名様にプレゼント致しますので、どうぞ当日を楽しみにご来場ください!なお、抽選方法及びプレゼント受け取り方法は会場でお知らせ致します。

チケットのお問い合わせは当ジムまで 042-700-5088
 
パイオニア・オブ・ファイトvol.5 10月8日(金)
会場・後楽園ホール 開始時間・18:00 開場・17:00
チケット・¥20,000/¥10,000//¥8,000/¥6,000
 メインイベント 日本ミニマム級挑戦者決定8回戦
日本1位 石澤開(M.T) vs 同2位 春口直也(橋口)
 第四試合 56.6kg契約8回戦 神足茂利(M.T)vs 池側純(角海老宝石)
 第三試合 51.8kg契約4回戦 齋藤哲平(M.T) vs 横手太嵐(石川) 
 第二試合 バンタム級4回戦 熊谷祐哉(M.T) vs 谷憲明(リングサイド)  
 第一試合 56s契約4回戦 佐藤輝斗(M.T) vs 松本和樹(新日本木村)
松本選手棄権の為、試合中止

 

※試合当日はジムを休館とさせて頂きます

★中谷、米アリゾナにて世界王座初防衛!
 現地時間9月10日(金)の夜に米国アリゾナ州ツーソンの屋外会場で中谷潤人がWBO世界フライ級王座の初防衛戦に臨みました。対戦相手は元世界王者で25戦22勝(21KO)3敗という軽量級では破格の強打を武器としているプエルトリコの強豪アンヘル・アコスタ選手です。戦前は苦戦も予想された1戦でしたが、結果は圧巻の4RTKO勝利でした。1Rからパワーパンチをヒットさせて相手の鼻を粉砕、鼻血が止まらないアコスタ選手をその後も接近戦、遠距離を使い分けてコントロールしました。そして一方的な展開の中、4ラウンドに3度目のドクターチェックが行われここで試合終了。4R32秒TKO勝利で初防衛に成功しました。中谷の戦績はこれで22戦22勝(17KO)。
 これまで中谷はユース王座、日本王座と獲得しましたが、防衛戦を行うのは今回が初めてでした。鬼門と言われる初防衛を海外で強豪を相手に達成した事はとても大きな出来事です。しかし、試合直後の中谷から発せられるのは反省の弁ばかり。世界王者でありながら、今後まだまだ強くなると感じさせてくれました。次戦、このアメリカ遠征を経て、さらに強くなった中谷のパフォーマンスをどうぞお楽しみにお待ちください!応援ありがとうございました!


試合後、対戦相手のアンヘル・アコスタ選手と


★東新人王予選、清水・藤崎そろって準決勝へ!!

 9月5日(日)に行われた東日本新人王予選に、清水直樹と藤崎光志が出場して二人そろって勝利致しました。これで10月30日を予定している準決勝に二人が勝ち進みました。
 2部制で行われたこの日の予選、まずは第1部の最終試合に清水直樹が出場し、小西佑亮選手(ワールドスポーツ)とライト級4回戦を行いました。拮抗した戦いの中、随所に有効打を決めた清水が僅差の判定で勝利を手繰りよせました。ジャッジは39-37が三者。試合のパフォーマンスに納得のいかない様子だった清水ですが、準決勝に進めた事で、今日の不甲斐なさを払拭出来るチャンスを手に入れました。次戦までの成長に期待です。次戦は八王子中屋ジムの池上いつ己選手(1戦1勝)と11月3日(水・祝日)開催を予定しております。
 そして第2部の第1試合に藤崎光志が出場し、中島龍二郎選手(横浜さくら)とスーパーライト級4回戦を行いました。前回の試合を1ラウンド49秒でKO勝ちしている無敗の中島選手が強気にプレスをかけてきますが、キャリアで大きく勝る藤崎が冷静に右クロスでダウンを奪うと、その後も2度ダウンを追加。1ラウンド1’03”でTKO勝利を飾りました。昨年の新人王予選敗退からの復帰戦で見事なKO。新人王獲得に向けて好スタートをきりました。次戦はRK蒲田ジムの鳴海拓郎選手(5戦3勝2KO2敗)と清水の次戦と同日の11月3日(水・祝日)開催を予定しております。
 この度は応援ありがとうございました。どうぞ引き続き次戦も応援宜しくお願い致します。

★コロナ対策新設備導入のお知らせ

 

当ジムでは新たに、
換気機能付きエアコンを2台、さらに空気清浄機を2台設置致しました。
運動に最適な室温を保ちながら、外の空気を取り入れて常時換気を行っております。
今まで行っていた感染拡大防止策の項目も遵守しながらの営業となっておりますので、会員様と共にコロナ感染防止に一生懸命取り組んでおります。
運動を再開したいと考えてらっしゃる方がいらしたら、是非ご見学だけでもお気軽にいらしてください!

★10/8「パイオニア・オブ・ファイトvol.5」開催決定
 当ジム所属の選手が多数出場するM.Tジムの「パイオニア・オブ・ファイトvol.5」の開催が決定致しました。メインイベントは日本1位、世界8位の石澤開が日本ミニマム級王座挑戦者決定戦を行います。日本2位の春口直也選手(橋口ジム)とミニマム級8回戦を行い勝者が現日本王者の谷口将隆選手(ワタナベ)への挑戦権を手に入れる事が出来る試合となっております。石澤の戦績8勝1敗の唯一の黒星はその谷口王者に敗れたものであり、リベンジに燃える気持ちがこの挑戦者決定戦を勝ち抜くモチベーションに繋がっております。対する春口選手も28戦17勝11敗と豊富なキャリアを築いており、数多くの猛者達と拳を交えております。高いKO率を誇る24歳石澤の爆発力か、32歳春口選手の経験から培った技術力か、見ごたえのある試合が期待されますのでどうぞご注目ください。
他にも当ジムから4名の選手が出場予定となっております。どうぞご観戦宜しくお願い致します。



パイオニア・オブ・ファイトvol.5 10月8日(金)
会場・後楽園ホール 開始時間・18:00 開場・17:00
チケット・¥20,000/¥10,000//¥8,000/¥6,000
 メインイベント 日本ミニマム級挑戦者決定8回戦
日本1位 石澤開(M.T) vs 春口直也(橋口)
 56.6kg契約8回戦 神足茂利(M.T)vs 池側純(角海老宝石)
 51.8kg契約4回戦 齋藤哲平(M.T) vs 横手太嵐(石川) 
 バンタム級4回戦 熊谷祐哉(M.T) vs 谷憲明(リングサイド)  
 56s契約4回戦 佐藤輝斗(M.T) vs 松本和樹(新日本木村)

チケットお問い合わせは当ジムまでお願い致します  042-700-5088

※試合当日はジムを休館とさせて頂きます

★中谷渡米、初防衛戦に向けて渡米
 米アリゾナ州で9月10日に世界初防衛戦を行う中谷が20日に羽田空港より出発しました。現在はロサンゼルスにてルディ・エルナンデストレーナーの元で最終調整を行っております。到着翌日には早速現地プロボクサーと実戦練習を行い、身体を慣らした様子です。どうぞ試合当日のパフォーマンスを楽しみにお待ちください!
 

★中谷世界初防衛戦、WOWOWで生中継が決定
 米アリゾナ州で9月10日に世界初防衛戦を行う中谷の試合をWOWOWにて生中継して頂く事が決定致しました。メインイベントでは無敗のWBC世界スーパーフェザー級王者のオスカル・バルデスがロブソン・コンセイサンと同王座の初防衛戦を行います。WOWOWはお申込月は料金無料でご視聴可能ですので、どうぞこの機会にWOWOWに加入して中谷の試合を生中継で観戦して下さるようお願い致します。加入方法詳細は下記のサイトでご確認ください。
放送予定
9/11(土)10:00からWOWOWプライムにて
生中継!エキサイトマッチSP「中谷潤人」海外防衛戦
WBO世界フライ級タイトルマッチ 中谷潤人VSアンヘル・アコスタ

 
WOWOW加入方法

★M.T戦士団、防犯ロードワーク実施
 7月18日、中谷潤人・石澤開・神足茂利・齋藤哲平・熊谷裕哉の5名のM.T戦士が神奈川県警と神奈川県防犯協会連合会から贈呈された「防犯ロードワーク」のビブスを着用して、城山湖周辺にて走り込みを行いました。中谷の次戦(アメリカでの初防衛戦)に向けてのミニキャンプでもあり、戦士たちは気温30度を越える中、アップダウンの激しいコースを約15キロ走りこみました。これからも自身の勝利の為、そして町の平和の為に戦士たちは日々トレーニングに励んでいきます(^^)/

 

★清水、プロ初勝利&新人王予選初戦突破!
 7月17日、八王子市富士森体育館で行われた「東日本新人王予選」に清水直樹が出場しました。試合はライト級4回戦で行われ、寺岡基光選手(小熊ジム)に1ラウンドTKO勝利をおさめました。開始早々右ストレートを決めて連打を浴びせて、相手陣営からの棄権の意思表示があった為、清水が55秒で嬉しいプロ初勝利を掴みました。
 今年の1月にデビュー戦を惜敗してから半年、遂に掴んだ初勝利に安堵と喜びを感じつつも、これで東日本新人王準々決勝に駒を進めた事で気を引き締めております。次戦は9月5日に小西祐亮選手(ワールドスポーツ)と対戦が決定しております。今回手に入れた自信と、これからひと月半の間に成長した実力を次戦のリングの上でいかんなく発揮してくれるでしょう。今後も応援宜しくお願いします。

 

写真提供 山口裕朗様

★齋藤、東日本新人王初戦を接戦で敗退
 7月10日、新宿フェイスで行われた「東日本新人王予選」に齋藤哲平が出場しました。試合はスーパーフライ級4回戦で行われ、比連崎ソアラ選手(川島ジム)に0-2の判定負けで予選敗退となりました。1ラウンドは齋藤が若干ペースを握っておりましたが徐々に長身の比連崎選手のペースになり3,4ラウンドとポイントを連続で失いました。ジャッジ1人が38-38、残り2者が37-39僅差ではありましたが議論のない採点に思えました。これで戦績を6戦4勝(2KO)2敗とした齋藤はこの敗北を生かせるよう、試合の直後からしきりに反省点を分析しておりました。ここから勝ち続けられるよう、この悔しさを噛みしめて前に進んでいってもらいたいと思います。応援有難うございました。

★中谷、世界王座初防衛戦は米国開催
 中谷潤人の世界王座初防衛戦が9月10日に米アリゾナ州にて、指名挑戦者のアンヘル・アコスタ選手(プエルトリコ)を迎えて行う予定となりました。コロナ禍の影響により、王座獲得後もなかなか試合が行えませんでしたが、その間も練習に励み力を蓄えておりました。初の海外での試合ではありますが、中谷は幾度も米国でのキャンプを経験しており、決戦の地に不都合はありません。それよりも、かねてより一つの目標であったアメリカでの試合にチャレンジ出来る事にモチベーションは上がっております。世界王者になってからも変わらず献身的にボクシングと向き合っている中谷潤人の世界王者としての初試合、そのパフォーマンスにどうぞご注目下さい!試合詳細は追って報告させて頂きます。



★清水、公開スパーリング(You Tubeにて生配信あり)
 新人王予選出場が決まっている清水が6月20日に八王子中屋ジムにて行われる公開スパーリングに参加致します。スパーリング相手は清水と同じく7月17日に試合が決定している八王子中屋ジムの牛島龍吾選手(8戦4勝(2KO)2敗2分)です。試合まで約ひと月あり、力がみなぎっている状態で緊張感のある実戦の舞台に立てる事は、キャリアの浅い清水にとって貴重な経験になると思います。初勝利に向けて邁進しておりますので、その途中経過をA-SIGN.BOXINGのYouTubeチャンネルにてご観戦ください。

「公開スパーリング」
6月20日(日)18:45分開始
A-SIGN Boxing You Tubeチャンネル』にて生配信
スパーリング組み合わせ
1,牛島龍吾(八王子中屋)vs清水直樹(M.T)
2,谷口彪賀(八王子中屋)vs池上いつ己(八王子中屋)
3,吉野ムサシ(八王子中屋)vs渡邊海(ライオンズ)
4,佐々木尽(八王子中屋)vsワチュク・ナァツ(マーベラス)

★熊谷、2年ぶりの試合で初勝利を飾る
 6月5日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」に熊谷裕哉が出場して、山本勇貴選手(シュウ)とバンタム級4回戦を行いました。1戦1敗同士、お互いが初勝利を掴む為に序盤からアクションが多い好試合となりました。2ラウンドにダウンを奪われた熊谷でしたが、3ラウンド目にはダウンを奪い返しました。そして、再開後にまとめた熊谷がレフェリーストップにより初勝利を掴みました。タイムは2'36"。デビュー戦での黒星から2年間、コロナ禍により試合が決まらない中で積み上げた努力の成果を、結果として残せた事はとても自信になると思います。次の勝利を目指しまた努力を積み上げていくと思いますので、今後とも応援宜しくお願い致します。

 
写真提供 山口裕朗様

★ 中谷、「世界王座獲得記念マスク」誕生!

 昨年の11月にWBO世界フライ級王座を獲得した中谷潤人の記念マスクが誕生致しました。ご希望の方は下記専用ダイヤルまでご連絡をお願い致します。
数量限定となっておりますのでどうぞお早めにお問い合わせください。
 現在、中谷は来るべき初防衛戦に向けて力を溜め、技を磨いております。いつ試合が決まっても良いように準備をしておりますので試合決定の報をどうぞ今しばらくお待ちください。



中谷潤人マスク購入専用ダイヤル 090-6578-3009
Mail
junto.nakatani@gmail.com
当ジムでは対応しておりませんのでジムへのお問い合わせはお控え下さい

★ 神足、プロ初の敗戦
 5月20日に後楽園ホールで行われた「第600回ダイナミックグローブ」に神足茂利が出場致しました。帝拳ジムの嶋田淳也選手とフェザー級6回戦を行い0-3(56-58,55-59x2)の判定でプロ初の敗戦となりました。
 試合開始からトップアマチュア同士のハイレベルな攻防が展開されましたが、積極性や見栄えで嶋田選手が上回り、僅差の判定負けとなりました。これで神足は3戦2勝1敗と悔しい初黒星となりましたが、本人は強くなってリングに帰ってくることを固く誓っておりました。負けから何を学び、これからの競技人生にどう生かす事が出来るか、振り返った時にこの敗北に感謝出来るよう、これからも努力を積み重ねていってくれると思います。応援有難うございました。

 
写真提供 山口裕朗様

★ 熊谷、6月5日にプロ2戦目
 6月5日(土)に後楽園ホールで開催されるダイナミックグローブに熊谷祐哉の出場が決まりました。シュウジム所属の山本勇貴選手とバンタム級4回戦を行います。デビュー戦が2019年6月1日だった熊谷は実に2年ぶりの試合となります。とはいえ決して競技から離れていたわけではなく、当初は2020年の3月に2戦目が決まっていました。しかしコロナ禍の影響により直前のキャンセルとなり、悔しい敗戦から2年もの間、闘志を燃やし続ける事となりました。そして、力を蓄え続けた成果を披露する場に満を持して戻ってきます。初勝利の喜びの感情が爆発する姿をどうぞお見届け下さい。しかしながら、対戦相手の山本選手も同じ1戦1敗であります。悔しいデビュー戦を体験した両雄が死力を尽くして戦う姿にどうぞご注目下さい。



ダイナミックグローブ 6月5日(土) 会場:後楽園ホール
 メインイベント 56.0kg契約10回戦
世界11位 赤穂亮(横浜光) vs 杉田ダイスケ(ワタナベ)
セミファイナル Lフライ級8回戦 岩田翔吉(帝拳) vs 大内淳雅(姫路木下) 
 第五試合 ライト級8回戦 秋川聖隆(横浜光) vs 斉藤正樹(厚木ワタナベ)
第四試合 フェザー級4回戦 服部壮志(S根本) vs 渡邊海(ライオンズ) 
第三試合 62.0kg契約4回戦 田中利樹(横浜光) vs 横田大樹(REBOOT.IBA) 
第二試合 ウェルター級4回戦 坂下広併(横浜光) vs 芹沢広樹(角海老宝石)  
 第一試合 バンタム級4回戦 熊谷祐哉(M.T) vs 山本勇貴(シュウ)
 
★ 東日本新人王予選組み合わせ決定
 今年も開催が決定している東日本新人王予選の抽選結果が発表されました。当ジムからはスーパーフライ級に齋藤哲平、ライト級に清水直樹、スーパーライト級に藤崎光志がエントリーしております。まだ試合の日程は決まっておりませんので決定次第報告させて頂きます。まずは東日本新人王優勝、そして全日本新人王を目指して1戦ずつ勝ち進んで参ります!応援宜しくお願い致します。





★ 石澤・齋藤揃ってマジョリティー判定勝利!
 4月21日に後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」に石澤開と齋藤哲平が出場致しました。齋藤は角海老宝石ジムの河本歩夢選手とスーパーフライ級4回戦を行い、2-0(39-37x2,38-38)で判定勝利。石澤はライオンズジムの高田勇仁選手と日本ユースミニマム級王座の防衛戦(8回戦)を行い、こちらも2-0(79-73,78-74,76-76)の判定勝利となりました。これで戦績を10戦9勝(8KO)1敗とした石澤、試合前にはWBO世界ミニマム級8位にランクインしました。きっちりと日本ユースベルトを防衛して上位ベルト挑戦へのアピールをしたかった一戦でしたが、気迫あふれる高田選手を倒しきる事が出来ずプロキャリア初の判定勝利となりました。アピール不足は否めませんが試合に向かう過程、試合中で得た経験を次戦以降に生かしてくれる事でしょう。新人王予選での初黒星からの復帰戦で勝利を収め、戦績を5戦4勝(2KO)1敗とした齋藤は新人王予選出場が決まっております。ここで1勝出来た事はとても良い経験値になったと思います。今年こそはトーナメントの頂上まで駆け上がっていってくれる事でしょう。今後とも応援宜しくお願い致します。

 

 

 

写真提供 福田直樹様

★ 神足、プロ3戦目決定(延期)
 
5月6日20日(木)に後楽園ホールで行われる「第600回ダイナミックグローブ」に神足茂利の出場が決まりました。この試合がデビュー戦となる帝拳ジム所属の嶋田淳也選手とフェザー級6回戦を行います。日本大学出身の神足がアマチュア戦績73戦50勝23敗に対して嶋田選手のアマチュア戦績は81戦58勝23敗とアマキャリアが豊富な両雄の対戦はかなりハイレベルな拮抗した試合が予想されます。わずかにアマチュア戦績では嶋田選手に及びませんが、プロで2戦(2勝)を経験した神足がデビュー戦の嶋田選手にその経験の差を見せる事が出来るかが注目の一戦です。どうぞご観戦お願い致します。
 
第600回ダイナミックグローブ 5月20日(木) 会場:後楽園ホール
 メインイベント OPBF・WBO-APウェルター級王座統一12回戦
OPBF王者 豊嶋亮太(帝拳) vs WBO-AP王者 別府優樹(久留米櫛間)
セミファイナル 68キロ契約8回戦 玉山将也(帝拳) vs 加藤寿(熊谷コサカ) 
第三試合 70.8キロ契約8回戦 辻本純兵(帝拳) vs 美柑英男(渥美) 
第二試合 フェザー級6回戦 嶋田淳也(帝拳) vs 神足茂利(M.T)  
 第一試合 Sライト級4回戦 木原宗孝(帝拳) vs 兒玉麗司(三迫)

★ 中谷潤人テレビ出演情報
 4月7日にTVK(テレビ神奈川)21:30から放送の「NewsLink」に中谷潤人が出演致します。どうぞお見逃しなくご覧くださいませ。
  番組表 | デジタル3ch テレビ神奈川 (tvk-yokohama.com
 
 
★ 石澤・齋藤、試合決定
 4月21日(水)に行われる「ダイナミックグローブ」に石澤と齋藤の出場が決定致しました。
石澤はライオンズジムの高田勇仁選手と日本ユースミニマム級王座の防衛戦(8回戦)、齋藤は角海老宝石ジムの河本歩夢選手とスーパーフライ級4回戦を行います。現在日本ミニマム級2位の石澤(8戦7勝7KO1敗)は勝ち星全てがKOと最軽量級の中では抜群のKO率を誇り、上位のベルトを目指す石澤にとっては負けられない試合であります。対する高田選手(16戦8勝3KO6敗2分)はランキングこそ入っていないものの、前戦では世界挑戦も経験している選手に善戦しており確かな実力を証明している選手です。お互いアグレッシブな選手なのでセミファイナルにふさわしい熱い試合になることでしょう。そして齋藤(4戦3勝2KO1敗)は昨年の東日本新人王予選での敗退からの復帰戦となります。対戦相手は当ジムの選手と試合をした事もある河本選手(4戦2勝2KO1敗1分)です。こちらも軽量級ながらKO率の高い二人の好試合が予想されますので、どうぞご観戦の程宜しくお願い致します。

ダイナミックグローブ 4月21日(水)17:45開始  会場:後楽園ホール
チケット:15,000/10,000/8,000/6,000円
 メインイベント 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ10回戦
王者  松永宏信(横浜光) vs 中島玲(寝屋川石田)
セミファイナル 日本ユースミニマム級タイトルマッチ8回戦 
王者 石澤開(M.T) vs 高田勇仁(ライオンズ) 
第四試合 57.0kg契約8回戦 阿部麗也(KG大和) vs 竹嶋宏心(緑)
第三試合 Sフライ級4回戦 齋藤哲平(M.T) vs 河本歩夢(角海老宝石) 
第二試合 58.0s契約4回戦 佐藤光(畠山) vs 渡邉海(ライオンズ)  
 第一試合 Sフライ級4回戦 真野秦地(横浜光) vs 川村栞汰(KG大和)

 試合当日はジムを休業させて頂きます

★ 2020年度年間賞、中谷は殊勲賞受賞
 1月28日2020年度の年間賞が発表され、昨年11月に世界王者となった中谷は「殊勲賞」を受賞致しました。
敢闘賞はMVP・技能賞に次ぐ価値ある賞であり本人も喜んでおりますが、同時に気を引き締め更なる飛躍を誓っております

以下各賞受賞者
 最優秀選手賞(MVP) 井上尚弥(大橋) 
 技能賞 井岡一翔(Ambition) 
 殊勲賞 中谷潤人(M.T) 
 努力・敢闘賞 堀川謙一(三迫),福永亮次(角海老)
 KO賞 井上尚弥(大橋)
 新鋭賞 三代大訓(ワタナベ)
 年間最高試合(世界戦) 井岡一翔(Ambition)vs田中恒成(畑中)
 年間最高試合(世界戦以外) 中谷正義(帝拳)vsフェリックス・ベルデホ
 女子年間最優秀選手賞 多田悦子(真正) 
 女子年間最高試合 多田悦子(真正)vs宮尾綾香(ワタナベ)
 特別賞 八重樫東(大橋),粟生隆寛(帝拳)

★ 清水、悔しいプロ黒星デビュー
 1月16日(土)後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」に清水直樹が出場して角海老宝石ジムの村上雄大選手とライト級4回戦を行いました。お互いデビュー戦、そしてアマチュアキャリアがあるもの同士の1戦は、決定打のないまま規定ラウンドを重ねて、より攻勢をとっていた村上選手の手が上がりました。手数が伸びなかった清水は不完全燃焼に肩を落としておりましたが、すでに初勝利に向けて闘志を燃やし始めております。はじまったばかりのプロボクサー人生、今回の反省を生かす機会と時間は十分にあるので大いに奮起してほしと思います。応援ありがとうございました。

★ 1月16日試合時間変更
 
清水直樹のデビュー戦が下記の開催予定でしたが、緊急事態宣言を受けてメインイベントが20:00までに終わるよう試合開始時間が変更となりました。当日は日テレジータスにて生中継もございますのでどうぞご観戦宜しくお願い致します。

2021年1月16日(土)後楽園ホール
17:45開始 ⇒ 
16:00開始 第一試合 ライト級4回戦
清水直樹x村上雄大(角海老宝石)

テレビ中継
日テレジータス ダイナミックグローブSP(319) 16:00-20:00


★ 謹賀新年

今年こそはダイエットに取り組みたいと思っている方
自分の内面、外見、何かを変えたいと思っている方
ただただおいしいお酒を飲みたい方
将来プロボクサーになりたいという方

新年を機にぜひM.Tジムにいらしてください
見学自由、お試し体験コース(\3,000)もありますのでお気軽にどうぞ
現在入会金
無料キャンペーンも実施中です
皆様のご訪問をスタッフ一同心よりお待ちしております

M.Tジム会員の皆様
M.Tジム応援者の皆様
当ホームページをご覧の皆様
本年もM.Tボクシングジムをどうぞよろしくお願いいたします

そして昨年のプロ部門は、皆様のお力添えのお陰で中谷潤人が21戦全勝で世界王座を獲得する事が出来ました。コロナ禍において所属選手達それぞれも出来るトレーニングに励み、ジム戦績も3勝2敗と勝ち越す事が出来ました。今年はまず1月16日に清水直樹がプロデビュー戦に臨みます。年末年始も休まず試合に備えていた清水、それをサポートする為に世界王者の中谷も正月休みを返上して清水のサポートをしてくれました。どうぞ応援の程よろしくお願いいたします。



2021年1月16日(土)後楽園ホール
17:45開始 第一試合 ライト級4回戦
清水直樹x村上雄大(角海老宝石)
入場料:RS指定/15,000円,S指定/10,000円,A指定/7,000円

M.Tジム関連ブログ


MT母ちゃん選手めし

中谷潤人のブログ

プロボクサー石澤開のブログ

インフォメーション

M.Tボクシングジム

アクセス(駐車場あり)
〒252-0131
神奈川県相模原市緑区西橋本2-1-2
TEL.042-700-5088
FAX.042-700-5087
murano@maple.ocn.ne.jp